カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/COFFEE KITCHEN コロムビア – 堀留町電停際

マッチ・コレクション/COFFEE KITCHEN コロムビア - 堀留町電停際 (1)

マッチ・コレクション/COFFEE KITCHEN コロムビア - 堀留町電停際 (2)

マッチ・コレクション/COFFEE KITCHEN コロムビア - 堀留町電停際 (3)

“堀留町電停”の際にあった「COFFEE KITCHEN コロムビア」のマッチ。

“COLUMBIA”の各文字がイラストの中に融け込むようにデザインされたラベルが楽しげなのです。
どこかにつながっていくのであればそれでうれしいし、誰かの記憶に残ってることを僕は願うのです。

“堀留町電停”とは東京都電車(東京市電)の停車場「堀留町」だと思います。
おそらく「新宿駅前」から「水天宮前」を結ぶ「13・21系統 和泉橋線」だと思います。
1970(昭和45)年3月27日の全線廃止に先立ち、1968年3月31日に「元岩井町 – 小伝馬町 – 堀留町 -人形町 – 水天宮前」のルートは廃止されたとされています。

マッチ箱の背の下の方のおそらくこのマッチラベルのデザインを手掛けたであろう人物のサインらしきものが印刷されているのですが、解読できないのが残念です。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/純喫茶「ジュリアン・ソレル」 – 東京・銀座

マッチ・コレクション/純喫茶「ジュリアン・ソレル」 - 東京・銀座 (1)

マッチ・コレクション/純喫茶「ジュリアン・ソレル」 - 東京・銀座 (2)

“TEA ROOM Julien Sorel”、”MIDIGHT SERVICE”、”銀座西6-5″、”120曲自動演奏電蓄設備”。

「ジュリアン・ソレル(Julien Sorel)」は東京・銀座の「みゆき通り」と「並木通り」が交差するあたり – 僕は東京・銀座の通りの名前をいわれても、それがどこにあるのか調べなければなりません – にあった喫茶・服飾店だったそうですが、いつごろなくなってしまったのかということにはたどり着けませんでしした。

1950年代から60年代にかけてファッショに敏感な人たちの間で「ジュリアン・ソレル」はよく知られた店だったようです。

抽象的な絵とラベルの配色が印象的な「ジュリアン・ソレル」のマッチなのですが、2018年4月3日以降も僕は未だにスタンダールの「赤と黒」を読んだことがないのです。

カテゴリー
雑文

気持ちよく冬眠するために。

気持ちよく冬眠するために。

たぶん幼稚園のなにかの授業で作ったちぎり絵だと思う。
タイトルはとくに書かれていない。
きっと子供は「かたつむり」が好きなんだと思う。いや、描きやすいからだと思う。ナメクジを描くほどには失敗しない、と僕は思う。

昨年2017年11月26日のblogのタイトルは「かたつむり」で、その年の12月14日は「冬眠」というタイトルだった。
やっぱり冬は冬眠の季節だと僕は思う。

今日を水曜日ではなく、木曜日と勘違いしていた。28日ではなく29日と勘違いしていた。「えー、違うで。水曜日やで」と下校した双子の息子たちに指摘された。
やはり冬は冬眠の季節だと思う。
乾燥しないように、感情を失わないようにしながら冬眠したい。そして4月になったら起こしてください。