カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/INODA’S COFFEE(イノダコーヒ) – 京都

マッチ・コレクション/INODA'S COFFEE(イノダコーヒ) - 京都 (1)

マッチ・コレクション/INODA'S COFFEE(イノダコーヒ) - 京都 (2)

マッチ・コレクション/INODA'S COFFEE(イノダコーヒ) - 京都 (3)

“Dependable in Taste and flavour
Freshly roasted coffee
World well
Known coffee”

“INODA’S COFFEE STORE”

マッチ箱の背にあたる部分に住所が印刷されていて、それが”京都・三條堺町”。
たぶん、現在の「イノダコーヒ」に繋がっていく経木のマッチだと思います。
市内局番は「2」と1桁、加入者番号は「505」と「507」と3桁です。

「イノダコーヒ」の創業は1940(昭和15)年の各国産珈琲専業食料品卸商猪田七郎商店の開店まで遡ります。

この「イノダコーヒ」のマッチについては「マッチ好きの少女/白あずきII」さんの2018年3月8日のblog「イノダコーヒ(京都)」にも書かれていますが、マッチのイラストが異なります。
たるみ燐寸博物館にあるマッチでは描かれた人物の顎のラインに丸みがあり、コーヒーカップを手にしていますが、「マッチ好きの少女/白あずきII」さんヴァージョンは手になにも持っていません。体の向きも違いますね。
もちろん、側面ともう片面のデザインも異なります。

ふっくらとした体型はどちらも変わりがありませんね。
よく見ると帽章(でいいのかな…)も違っています。

これからもお店が永く続いていくことを願うばかりです。

「マッチ・コレクション/INODA’S COFFEE(イノダコーヒ) – 京都」への4件の返信

indigoさま、こんばんは。

コメントに返信がどれだけ遅いんだと思うほど、遅くなって申し訳ありません。
「京の朝食」を堪能したということですね。

僕も本店へ行ってみたいと思っています。

いいね: 1人

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください