かめののろい。

かめののろい。

随分と昔のこと、ある病院の待合室で「もしもしカメよぅカメさんよ 世界のうちで おまえほど 歩みののろいものはない どうしてそんなにのろいのか なんとぅおっしゃるウサギさん そんならおまえとかけくらべ 向こうのお山のふもとまで どちらが先に駆け付くか なんとぅおっしゃるウサギさん そんならおまえとかけくらべ 向こうのお山のふもとまで どちらが先に駆け付くか なんとぅおっしゃるウサギさん そんならおまえとかけくらべ 向こうのお山のふもとまで どちらが先に駆け付くか」という終わりのない歌に出会ったことがあります。

そして今、双子の息子のひとりが「もしもしカメよーカメさんよー 世界のうちで おまえほどー 歩みののろいぃものがたり どうしてそんなにのろいのか」と高い声で歌うのです。