マッチ・コレクション/すきやき・水たき「ななくま」 (博多・東中州)

マッチ・コレクション/すきやき・水たき「ななくま」 (博多・東中州) -1-

マッチ・コレクション/すきやき・水たき「ななくま」 (博多・東中州) -2-

僕の家では春でも夏でも秋でも鍋料理は食べます。ですから「鍋料理 = 冬」ではありません。
今は簡単に鍋用スープが手に入るので、いろんな鍋を楽しむことができますね。

鍋料理の「締め」は出汁の味で異なると思うのですが、みなさんは何がお気に入りですか?
僕は「すき焼き」の場合は「うどん」、「水炊き」は「炊いた白米+卵」ですね。

さて、博多・東中州にあった「ななくま」という「すきやき・水たき」のお店のマッチ。箱の側面に店の名前と市内局番「28」と2桁の電話番号が印刷されています。
イラストは「すきやき」面が牛で「みずたき」面は鶏。タイポグラフィーもかわいいですね。

統計をとったことはなく、あくまで僕の感覚なのですが、店名がマッチ箱の背の部分にしか印刷されていない広告マッチはあまり多くないように思います。
もちろん、そこにはデザインや広告としての効果が関係しているのだと思いますが、両側面を側薬(マッチストライカー)が占めていた古い経木マッチ時代の名残なのかもしれません。