逆光線を散乱。

逆光線を散乱。

“あらゆるものごとと関係を保つことが、簡単ではなくなってしまいます。ごくありふれたなんでもない作業が、いったんそれについて考え始めると、私にとってまるで拷問のようになります。不思議なことですが、実際にそれをおこなっているときには問題ありません。その前後に、その行いについて考えるときがつらいのです(ダーグ・ソールスター「NOVEL 11, BOOK 18 – ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン」、 翻訳:村上春樹、2015年、中央公論新社)”

ずいぶんと長い間、そういう感覚は僕のそばにいて、そういう不可抗力はいつも圧倒的な勝利を収め、僕は類義語的にも敗北するのです。

 

広告