不規則的な円舞曲

不規則的な円舞曲

前回の受診から3か月と少しが経過したので、今日は8歳の双子の子供たちの病院で不整脈の定期検査日。
子供たちだけでも、と思いますが、通勤時間帯ということで上りの電車ではなかなか座らせることができません。
「せっかく大阪まで行くんだから、”キッズプラザ大阪”か”レトロ印刷JAM”にでも行こう」と娘に話したのだけれど、「行かない」と強く言う娘は結局は留守番ということで、受診が終わったらマクドナルドで食事をして帰ってきただけです。
さて、2018年6月18日の大阪府北部の地震では緊急地震速報アラームに驚いて心室頻拍が誘発されたケースがあったそうです。
次回の受診は10月16日。それまでに兵庫県立こども病院で24時間ホルター心電図検査です。

広告

マッチ・コレクション/ハイボール・スタンド「ジュン」- Alisu STAND JUN (神戸)

マッチ・コレクション/ハイボール・スタンド「ジュン」- Alisu STAND JUN (神戸) -1-

マッチ・コレクション/ハイボール・スタンド「ジュン」- Alisu STAND JUN (神戸) -2-

マッチ・コレクション/ハイボール・スタンド「ジュン」- Alisu STAND JUN (神戸) -3-

今では僕はめったにアルコールを飲むことはなくなったけれど、ウィスキーを飲まなければならない場合はハイボールを飲む。
ビールベースならシャンディ・ガフかパナシェ、ライチリキュールならディタグレープフルーツ。
さて、ハイボール・スタンド「ジュン」のマッチの話。
僕の好きなデザイン。古さを感じさせないデザインだと思うのだけれど、意味は個人が感じ取るままでいいと思うので余分な説明の必要はありませんよね。
「生田桜筋」とはおそらく現在の「兵庫区福原町 / 神戸桜筋」のことだと思います。マッチラベルに印刷されている市内局番は「3」と1桁。
“Alisu STAND”の”Alisu”が”Alice”であれば 洋酒輸入を手掛けていた旭興業の商標「アリスウイスキー」でしょうか?
そうであれば1963(昭和38)年に販売開始されたことになります。旭興業は1971年頃に倒産したそうです。

マッチ・コレクション/別府名所「ケーブルラクテンチ」

マッチ・コレクション/別府名所「ケーブルラクテンチ」 (1)

マッチ・コレクション/別府名所「ケーブルラクテンチ」 (2)

 

別府名所「ケーブルラクテンチ」のマッチは経木でできています。箱の裏面にラベルは貼っていなくて、経木の引き出しには緑色の頭薬をしたマッチ棒が4本残っていますが、当時のモノであるかどうか定かではありません。
「ケーブルラクテンチ」という名称は1950(昭和25)年ごろに使われ始めますが、ケーブルカーの開業は1929(昭和4)年のようです。
急勾配を表すデザインかと思いました – 日本屈指の急勾配を誇るそうです – が、縦に長いラベルにケーブルカーを収めるにはどうしてもこうなってしまうのでしょう。ほのぼのと楽しそうです。
いろんな変遷を経て、今も「別府ラクテンチケーブル線」として運営されています。

ささがに。

ささがに。

狭かったと言えば確かにそうだけれど、通り慣れていないその道をゆっくりと僕に向かってやって来る1台のクルマがあって、道を譲るために道路脇の壁と電信柱との間にできる空間を通り抜ける僕の顔にまとわりついたのは蜘蛛の巣。
やれやれ、と僕は思う。