マッチ・コレクション/とんかつ呂路 (三宮)

マッチ・コレクション/とんかつ呂路 (三宮) -1-

マッチ・コレクション/とんかつ呂路 (三宮) -2-

マッチ・コレクション/とんかつ呂路 (三宮) -3-

かつて神戸・三宮に「呂路(ろじ)」というとんかつ屋さんがありました。
1970年代の神戸・三宮で「とんかつ」といえば、「呂路」と「武蔵」でした。他に「とんかつ」で有名な店があったかもしれませんが、僕が幼少の頃、家族で行くのは「呂路」か「武蔵」でした。「武蔵」については後日書くことにします。

箱の形を崩してしまうとマッチであることがわかりにくいですね。この「呂路」のマッチ箱の裏には数を管理するための僕の手書きの「27」という小さな数字が残っています。

とんかつ「呂路」は三宮本通を南に下る細い通りにありました。当時、その通りに「三宮センターサウス通り」という名称があったのかどうか定かではありません。
「呂路」には1階席と2階席があったように記憶しています。いつものことながら、間違っていたらごめんなさい。

マッチに描かれているブタのイラストをじっと見ていて、トントンと僕の記憶を叩く音に気がつきました。あのとき僕の父が呟いた言葉をここに再現することは差し控えることにしますが、このイラストが今の僕にも同じような言葉を呟かせたことをここに残しておきます。

広告