モグラくんと白線識別

モグラくんと白線識別

モグラくんは配管を通って地上に出て、空を見上げた。
眩しさの中、アイデンティティーが収斂し拡散していくのを感じた。そしてここはものを見たり考えたりするのに相応しい場所ではない、とモグラくんは思った。
今日の空には補助線があまりにも多すぎる。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中