モグラくんと白線識別

モグラくんと白線識別

モグラくんは配管を通って地上に出て、空を見上げた。
眩しさの中、アイデンティティーが収斂し拡散していくのを感じた。そしてここはものを見たり考えたりするのに相応しい場所ではない、とモグラくんは思った。
今日の空には補助線があまりにも多すぎる。

広告