マッチ・コレクション/喫茶ボントン(Bonton) – 神戸・三宮

マッチ・コレクション/喫茶ボントン(Bonton) - 神戸・三宮 (1)

マッチ・コレクション/喫茶ボントン(Bonton) - 神戸・三宮 (2)

マッチ・コレクション/喫茶ボントン(Bonton) - 神戸・三宮 (3)

マッチ・コレクション/喫茶ボントン(Bonton) - 神戸・三宮 (4)

マッチ・コレクション/喫茶ボントン(Bonton) - 神戸・三宮 (5)

マッチ・コレクション/喫茶ボントン(Bonton) - 神戸・三宮 (6)

たるみ燐寸博物館のひとつの試みは「マッチを通して、街を記憶する」ということなのですが、個人的な記憶の断片と思いを記録してどうなるのかって言われるととても困ります。どこかで役に立つかもしれないし、期待に応えられないかもしれない。

「喫茶ボントン(Bonton)」のマッチは側薬を切り取って開いて保存していました。裏には”S.50.1229″、”16″と僕に手書きのメモが残ってます。”S.50.1229″は1975年12月29日。”16″は枚数を把握するための僕が小学生の頃に割り当てた数字(単に枚数のこと)です。
箱のまま残っている2つのマッチは譲り受けた多くのマッチの中に見つけたものです。

ずっと気になっていて、星電社の南側の通りにあることは知っていて、3年ほど前には建築用工事シートがかかっていて(閉店かと思ってしまいました)、前衛的というか実験的というかマッチのデザインも僕はとても気に入っていて、先月おおよそ43年ぶりにその「ボントン(Bonton)」に行ってきました(大学生の頃の何度か利用しているのですが、正確にいうと43年ぶりではないのですね)。

1957(昭和32)年、湊川にあった神戸市役所が三宮に移転にあわせて「ボントン」は開業したそうです。その経緯や店の特徴は「神戸懐かしの純喫茶(著:芝田真督、2012年、神戸新聞総合出版センター)」の46番目「純喫茶ボントン」に書かれています。

「ボントン」ではもうマッチは置いていないのですが、開業当時からおおよそ1年に1個くらいのペースで新しいデザインのマッチを作って、過去に作ったマッチは全てご家族のもとで大切に保管されているそうです。
マッチのデザインを手掛けたのは舞台美術に携わっていた無名のデザイナー。
お店のかたがその無名のデザイナーにこのマッチのデザインの意味を訊ねた時、「説明ではなく、これを見て感じたことがその意味」と言われたそうです。ちょっとニュアンスが違うかもしれないですが、大きく異なっていたらごめんなさい。

3年前に僕が見かけた建築用工事シートは改装工事だったんですね。
これからもお店が永く続いていくことを願うばかりです。

広告

マッチ・コレクション/喫茶ボントン(Bonton) – 神戸・三宮” への2件のフィードバック

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中