マッチ・コレクション/高い文化を育てる文具 – 10周年 東京紙文具小売団体連合会

マッチ・コレクション/高い文化を育てる文具 - 10周年 東京紙文具小売団体連合会 (1)(1) 高い文化を育てる文具

マッチ・コレクション/高い文化を育てる文具 - 10周年 東京紙文具小売団体連合会 (2)(2) TSの便箋・TSのノート 東山堂

マッチ・コレクション/高い文化を育てる文具 - 10周年 東京紙文具小売団体連合会 (3)(3) 10周年 東京紙文具小売団体連合会

東京・浅草に「日本文具資料館」という資料館があるそうですね。
場所をGoogle Mapsで確認すると国産マッチの創始者である清水誠の「紀功碑」と「顕彰碑」がある亀戸天神社が近くにありますね。
歩くと「近くない」かもしれないけれど、僕にとってその距離は「近い」のです。

たるみ燐寸博物館にあるのは「高い文化を育てる文具」、「TSの便箋・TSのノート 東山堂」、「10周年 東京紙文具小売団体連合会」と印刷されたマッチです。どの面がメインなのか僕にはわかりません。
僕のお気に入りのボールポイント・ペン「CROSS I.D.」と一緒に記念撮影した写真をここに残していきます。

「東京事務用品納入協同組合」の公式サイトにある「年表」によると、「東京紙文具小売団体連合会」は1953(昭和28)年に設立され、1983(昭和58)年に「東京文具事務用品団体連合会」に名称変更しています。その後はちょっと追いかけきれませんでした。
マッチ箱の背の部分に「10周年」とあるので、1963年ごろに作られたことになりますね(どこでどういった人に渡されていたのでしょうか…)。

このマッチにある「TSの便箋・TSのノート」の「TS」というブランド(?)を僕はどこかで見たことがあるような気がして、かなり時間をかけて調べていたのですが、「東山堂(とうさんどう)」のブランドだったようですね。「とうさんどう」で「TS」だったのかな?
現在、「東山堂」は文具の専門問屋「株式会社エムディーエス」の傘下ですね。

さて、今回、このマッチのことを調べていて気がついたのですが、亀戸天神社には「文房至宝碑」という碑があるんですね。1990(平成2)年に建てられたそうです。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中