マッチ・コレクション/木馬座アワー、ケロヨーン、そして美術の誕生メソポタミア展

木馬座アワー、ケロヨーン、そして美術の誕生メソポタミア展 (1)

木馬座アワー、ケロヨーン、そして美術の誕生メソポタミア展 (2)

木馬座アワー、ケロヨーン、そして美術の誕生メソポタミア展 (3)

最近、カエルやカエルのキャラクターをよく見かけるな、と思っていたのですが、6月6日は「カエルの日」だったんですね。「コックさんの日」でもあります。「コッペパンの日」ではありませんね。

「今更ながら感」満載ですが、カエルのイラストが描かれたマッチ箱の紹介です。

片面に”ケロヨーン”、背の部分に”NTV 木馬座アワー”、もう片面に”美術の誕生メソポタミア展”と印刷されたマッチ。

「木馬座アワー」は覚えていますが、「美術の誕生メソポタミア展」のことはさっぱり記憶にありません。
「木馬座アワー」って懐かしいです。知らない人には新しい番組かもしれませんね。
ケロヨンは「木馬座アワー」の中で放送されていたカエルのキャラクターです。
僕も「ケロヨーン」、「ケーロヨーン」ってまねをしていました。知らない人には新しいキャラクターかもしれませんね。
「木馬座アワー」は日本テレビ系で1966年の終わりから1970年3月の終わり頃まで、日曜日を除く毎日11時から20分間放送されていた番組ですが、午前中は幼稚園や小学校へ通っていて僕には観ることができなかったはずなので、17時30分からの再放送を観ることが多かったんだと思います。
その当時、自宅には録画する装置なんてなかったので、外で遊ぶことに夢中で家に帰るのを忘れて見逃したら、それでおしまい。「なんで録画してくれなかったんだよー」ってわめくことはできませんでした。

浦沢直樹作の”20世紀少年”でも登場人物が「バッハッハーイ」と言いますね(映画版だけかな?)。僕も「20世紀少年」です。

「美術の誕生メソポタミア展」は1967年4月22日から5月31日まで東京国立博物館で開催されました展示会です。
マッチからわかるのは主催が東京国立博物館・イラク文化情報省・東京新聞・中日新聞・東京中日新聞だったということですね。

どういう経緯で「木馬座アワー」と「美術の誕生メソポタミア展」がマッチの世界でひとつになったのか謎ですね。

それでは、今日はここまで。そしてお別れは「バッハッハーイ」。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中