ふねなみ。

ふねなみ。

「雨降りにどんな気晴らしがあるっていうんだ」と彼は過去をかき分けるようにして、すり切れた言葉を探し出した。そして、鍵をなくすなんて大きな不注意だったな、と付け加えた。
波を切って船は進んでいった.。

広告

マッチ・コレクション/とんかつ武蔵(三宮)

マッチ・コレクション/とんかつ武蔵(三宮) -1-

マッチ・コレクション/とんかつ武蔵(三宮) -2-

マッチ・コレクション/とんかつ武蔵(三宮) -3-

マッチ・コレクション/とんかつ武蔵(三宮) -4-

マッチ・コレクション/とんかつ武蔵(三宮) -5-

マッチ・コレクション/とんかつ武蔵(三宮) -6-

マッチ・コレクション/とんかつ武蔵(三宮) -7-

“やっぱりうまい むさしとんかつ”、”味甲上 トンカツ ムサシ コーベ・三宮・センター街”

1974年10月5日は土曜日。側薬を切り取ったマッチ箱の裏側に”S.51.3.31″と僕の小さな文字。
それ以外のマッチは譲り受けた多くのマッチの中に見つけたものですが、たるみ燐寸博物館にある最も古い「武蔵」のマッチは経木のマッチで、神戸の市内局番は「3」と1桁のものです。
とんかつ「武蔵」は1939(昭和14)年に三宮センター街で創業。
時代が動いても、変わることなく、”やっぱりうまい むさしとんかつ”、”味甲上 トンカツ ムサシ “だったのでしょう。
マッチ箱を並べてみるとタイポグラフィーの変遷がわかりますね。
僕が見つけたマッチの中には頭薬の黒いマッチ棒が入ってました。

とんかつ「武蔵」は僕が子供の頃に両親にしばしば連れて行ってもらったお店です。
看板メニューが「とんかつ」以外に「えびかつ」ということで「二刀流」の意味を込めて「武蔵」というのが、お店の名前の由来です(おそらく…)。
「さんプラザ」、「西神中央」にある「武蔵」は暖簾分けしたお店だそうです。

阪神淡路大震災で全壊。仮設店舗で営業を再開し、2005年頃に「ニューもとビル」の2階に移転したようです。
階段にある「とんかつ む蔵」と書かれた古い看板に僕は見覚えがあります。三宮センター街時代に使われていた歴史のある看板だと思うのです。
これからもお店が永く続いていくことを願うばかりです。

追補(2018年7月18日):
三宮センター街連合会よって発行された「三宮センター街三十年史」によると
1967(昭和42)年
“12月2日 どんかつ武蔵ビル完成 1階から5階までとんかつお食事の味覚ビルとなる。”
とありました。
そうそう、三宮センター街時代は上から下まで「とんかつ武蔵」でした。

まだうまく飛べない。

まだうまく飛べない。 (1)

まだうまく飛べない。 (2)

庭先に何かが落ちてきた、と僕は思った。
窓越しに庭を眺めてもいつもと同じ光景しか見つけることができないので、僕が庭に面した1階の窓を開けると、窓際で野鳥のヒナが僕を見つめ、響く声で僕に話しかける。
辺りを見まわすと少し離れたところで、親鳥がヒナを探して飛び回り、ヒナの鳴き声に応えている。

落ちてきたんじゃなく、飛び方が安定していないだけなのだと思う。
こまったな、こんなところに来ちゃったのか、と僕はそっと話しかける。
僕の「第1外国語」は英語だったし、2つめの外国語という意味で「第2外国語」はドイツ語だったし、就職して身につけたのはCOBOL言語だから、鳥語に知識はない。
怪我をしているわけではなさそうなので、そっと窓を閉める。名残惜しそうにヒナの姿が古い化粧ガラス越しに映る。

すぐともいえないほどの時間が経過して、僕は2階にあがる。窓を開こうとすると先ほどのヒナがそこにいる。
やあ、また会ったね。あのね、この賑やかな家を好きになってくれてありがとう。でも入ってきちゃダメだよ。
キミと僕は環境や空間の共有しているだけだからね。

マッチの喫茶展 in OSAKA by 喫茶店のマッチ(村田商會)

マッチの喫茶展 in OSAKA by 喫茶店のマッチ(村田商會)

“日本背全国47都道府県を巡って、北は北海道から南は沖縄まで実際に訪れた喫茶店のマッチ、約400点を展示します。”

2018年6月16日から大阪で開催されている「マッチの喫茶展 in OSAKA」のご紹介です。
「マッチの喫茶展 in OSAKA」は「喫茶店のマッチ」さんこと「村田商會店主」さんのマッチ・コレクション展で、もう展示期間後半に入りました。
「喫茶店のマッチ」さんはたるみ燐寸博物館にご来館いただているということもあって、展示期間の前半にお伺いする予定でしたが、時間的に余裕がなくてそれは無理だったので、「後半に」とも考えましたが、それもちょっと難しそうになってきたので、「行ってきたよ」報告ではなく、「7月1日の日曜日までやっているよ」というお知らせとなります。
「喫茶店のマッチ」さん、ごめなさい。

場所:大阪市此花区梅香1-6-13 セレクトショップ「シカク」
期間: 2018年6月16日から7月1日まで 13:00から19:00まで(火水定休日)
電話: 06-6225-7889

都合のつく方は是非、観に行ってきてくださいね。

マッチ・コレクション/マンダリンパレス (神戸・三宮)

マッチ・コレクション/マンダリンパレス (神戸・三宮) -1-

マッチ・コレクション/マンダリンパレス (神戸・三宮) -2-

マッチ・コレクション/マンダリンパレス (神戸・三宮) -3-

マッチ・コレクション/マンダリンパレス (神戸・三宮) -4-

ごく最近、「マンダリンパレス」のブックマッチを譲り受けました。

「マンダリンパレス」はかつて神戸・三宮、生田神社近くにあった中国四川料理の店です。2016年か2017年かそのあたりに閉店したようです。
「マンダリンパレス」は神戸・三宮では有名な店でした。
漢字で「中国宮殿」と書くことはこのブックマッチを見て初めて知りました。

僕が今も持っている「ワンダフル・コウベ 神戸生活術(1992年、神戸新聞総合出版センター)」には96ページに”王朝ムードの中で味わう四川料理の美味百彩”という見出しで「マンダリンパレス」が紹介されています。

僕は北京料理、上海料理、広東料理、四川料理の中では四川料理が好きです。
回鍋肉(ホイコーロー)、青椒肉絲(チンジャオロース)、麻婆茄子(マーボーナス)などなど、ここに書き連ねるだけでは空腹感を満たすことはできませんね。

先週(2018年6月22日)に三宮へ行く機会があって、そのときに三宮の空にすっかり馴染んだ今も残る「マンダリンパレス」の目印を撮影したので、その写真と共にここに残しておきます 。

まあ、そんなわけなので「マッチを通して、街を記憶する」という僕の試みは役に立つ優秀な観光ガイドからほど遠いところにあります。