カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/新舞子荘(揖保郡御津町)

マッチ・コレクション/新舞子荘(揖保郡御津町) -1-

マッチ・コレクション/新舞子荘(揖保郡御津町) -2-

マッチ・コレクション/新舞子荘(揖保郡御津町) -3-

マッチ・コレクション/新舞子荘(揖保郡御津町) -4-

今年2018年から須磨海岸でも潮干狩りができるようになりましたね。
僕が幼少の頃、家族で潮干狩りに行ったのは姫路の「的形潮干狩り場」と揖保郡御津町(みつちょう)の「新舞子潮干狩り場」でした。
「新舞子」は垂水の近くにある「舞子」の新しい地名ではありません。
2005年に1市3町が合併して「たつの市」が誕生したので「新舞子潮干狩り場」は現在、たつの市となります。

僕が幼少の頃には週休2日制なんてありませんでしたから、土曜日は父も僕も弟もみんな午前中だけ会社や小学校に行ってました。
5月の連休や日曜日になると家族一緒に遠くへ行くのですが、そんな休みの遠出は僕にも弟にもあまり楽しいものではありませんでした。
潮干狩りも楽しかったという思い出はありません。僕の実家では誰も二枚貝を食べなかったし、「そうあるべき」標準的家族の装いをするために家族で潮干狩りへ出かけたわけですから。

さて、たるみ燐寸博物館にあるのは「御津町営国民宿舎 新舞子荘」のマッチです。
「御津町営国民宿舎 新舞子荘」は「たつの市立公共宿舎国民宿舎 新舞子荘」を経て、2015年12月に民営化され「新舞子ガーデンホテル」となったようです。

先日、山陽電鉄「舞子」駅に潮干狩りのポスターを見つけました。まだもう少し潮干狩りの季節が残っていますね。