カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/小中学生のための学習百科大事典(保育社)

マッチ・コレクション/小中学生のための学習百科大事典(保育社) -1-

マッチ・コレクション/小中学生のための学習百科大事典(保育社) -2-

マッチ・コレクション/小中学生のための学習百科大事典(保育社) -3-

“小中学生のための
「学習百科大事典」
B5大判 1050頁 定価2000円
(特価 1800円・11月末限り)
保育社”

保育社は1946(昭和21)年に大阪で創業した出版社です。
「学習百科大事典」は保育社から出版された児童向けの百科事典のひとつで、挿絵も多く使われていました。

「三方背スリーブケース」というのか「くるみ三方背ケース」というのか「三方背ケース」というのかジャケットというのか、とにかく現在一般的な辞典によく見られるフタのない厚い紙箱に入っていたようです。
マッチの話から大きく離れていきますが、辞典がフタのない厚い紙箱に入っているのどうしてなんでしょう。形が崩れやすいからでしょうか。
辞典っていうのはいつでもすぐに使えるようにするために箱から出しっぱなしのほうがいいですよね、っていうのも電子化の時代にはもうあまり論じられることもないですね。

さて、出版当初の「学習百科大事典」本体は深い赤色の表紙・背だったので、マッチラベルに印刷されている「学習百科大事典」はスリーブケースに入っていない百科事典本体の表紙となります。初版はおそらく1955(昭和30)年。

マッチラベルの背に当たる部分に印刷されている”書店近畿ブロック会”とは「日本書店商業組合連合会 近畿ブロック会」だと思うのですが、違っているかな?
間違っていなければ、保育社の「学習百科大事典」が刊行されたころは「日本出版物小売業組合全国連合会」という名称だったはずです。
そんな時代に販促用に作られたマッチなのでしょう。
ということで今日はこれでおしまい。

 

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください