カテゴリー
モノ 雑文

ひつじ工場とたそがれ前。

ひつじ工場とたそがれ前。

今日の夕刻をむかえるにはまだわずかに時間があった。
冷たい西の空にその羊はうっかり姿を現し、ひっそりと消えていった。
工場は機械を止め、今日の作業を終えたのだ。