カテゴリー
雑文

永遠の木曜日。

永遠の木曜日。

僕はどうしても今日が木曜日にしか感じられなので、カレンダーをなんども確認するのだけれど、昨日が木曜日であったことはカレンダーを見なくてもわかっていて、僕の内側のなにが、なんのためにその次の日にやってくるはずの金曜日を容易に認めないのか、午後になってもわからない。