カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/喫茶と洋食「砂園」(須磨水族館前)

マッチ・コレクション/喫茶と洋食「砂園」(須磨水族館前) -1-

マッチ・コレクション/喫茶と洋食「砂園」(須磨水族館前) -2-

マッチ・コレクション/喫茶と洋食「砂園」(須磨水族館前) -3-

神戸市立須磨水族館は1957年に開業し、1987年に神戸市立須磨海浜水族園(スマスイ)となりました。それについては2017年10月15日のblog「旧須磨水族館全景模型」に書いたのでそちらを参考にしていただければうれしいです。
僕が子供のころにはJR「須磨海浜公園」駅はなかったので、家族そろっての須磨水族館への往復には山陽電鉄「月見山」駅かJR「須磨」駅からタクシーかバスを利用していたように思います。

さて、喫茶と洋食「砂園」の経木のマッチです。
タイポグラフィーもイラストも色合いも僕のお気に入りです
2017年12月7日のblogに書いた神戸・三宮センター街の純喫茶「きらく」のマッチと同じ時期に譲り受けたマッチです。神戸市内の電話局番はまだ1桁の時代ですね。
田園は「でんえん」、林園は「りんえん」、故園は「こえん」、花園は「かえん」または「はなぞの」、竹園は「ちくえん」または「たけのその」と読むので、かつて須磨水族館前にあった喫茶と洋食「砂園」が「さえん」なのか「すなえん」なのか「すなぞの」なのかわかりません。須磨水族館前の「前」も西隣なのか東隣なのか、道路を挟んで北側だったのかもわかりません。
南側は海岸なので南側ではないと思います。
店の名前の由来は須磨の砂浜にあるのでしょうか?

その「砂園」の経木のマッチ箱ラベルのひとつに”I.”というイニシャルを見つけました。このイラストの筆致とイニシャル”I.”ならば、このマッチラベルを手がけた人に心当たりがあります。神戸・三宮センター街の純喫茶「きらく」のデザインに共通するところがありますね。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください