カテゴリー
雑文

午後のひざしと矢と刃。

午後のひざしと矢と刃。

2017年9月も最終の週をむかえましたが、実店舗の西側にある大きな4つの窓からは午後の早い時間帯から陽光が堂々と入ってきて、僕の背中をノックします。
店舗にある温度計は頼りなさそうに28度を示しています。

時々、気後れがちに風が通り過ぎていきます。