カテゴリー
モノ 雑文

復活した疑問と続く符号

復活した疑問と続く符号

僕の小学校時代もそうだったけれど、僕の子供たちが通う小学校で、乳酸菌飲料の小さな容器やティシューペーパーの空き箱やトイレットペーパーの芯や古いハンカチなどが急に – しかも前日ぐらいに告げられる – ことがあるわけだけれど、 僕も僕の子供たちもたまたま神戸市内の小学校に「通った」「通う」という共通点だけで、こういうことはずっと変わらないことなんだろうか?
昔はもっと困ったし、今でも困る。昔ほどではないかもしれないけれど – 24時間コンビニエンスストアは開いているし、スーパーマーケットの営業時間も長くなった -、そうすぐに用意できるとは思わないのだけれど。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/花王石鹸 (マッチラベル)

マッチ・コレクション/花王石鹸 (マッチラベル)

まだ、右側を向いた「月の顔」だった時代に作られたマッチラベルだと僕は思う。
花王石鹸の歴史は「花王グループ」の公式サイトに詳しく記載されているのでピョンピョーンと飛ばしてしまおう。

1890(明治23)年の洋小間物商「長瀬商店」に始まる「花王石鹸」の歴史の中で、1931(昭和6)年ごろの石鹸パッケージにこれら2枚のマッチラベルに印刷されている「花王石鹸」と同じタイポグラフィーを見つけることができた。
ふりがなもひらがなの「かおうせっけん」ではなくカタカナで「カオーセッケン」だから、たぶんその時代に作られたマッチに貼ってあったんだと思う。

花王の「月の顔」は1943(昭和18)年に左向きに変わるのだけれど、それは満月へと向かう左向きという「験担ぎ」説が一般的なのかな?

横文字を右から左へ字をならべる – 「右書き」というらしい – 駅名を左から右に字を並べて読むという方法 – 「左書き」というらしい – に統一すると文部省(現在の文部科学省)・国語審議会が具申したのが1942(昭和17)年。
右書きで「花王石鹸」と書いていた時代 – つまり表記上では「鹸石王花」 – を左から右へ読み書きする左書きの時代への転換期に「横文字の左書き統一のお知らせ」の代わりに顔の向きも合わせて変えちゃった、などと僕は勝手に想像する。

それはさておき、このマッチラベルに印刷されているイラストが”すんばらしいー”。
洗濯用の”洗いせっけん”ではなく、こんな顔の汚れは”顔せっけん = 花王石鹸を、カラダの汚れも花王石鹸を使ってさっぱりしましょう、ってくらいの意味のイラストなんだと思う。
描かれている人たちが楽しそうだね。

カテゴリー
モノ 雑文

そのエレベーターはいつも停止しているはずだ。

そのエレベーターはいつも停止しているはずだ。

目指す部屋は地下の2階にあった。扉は移動する。そして部屋も移動する。意図的に、そして慎重に隠されている。
僕は真新しいレバータイプのドアノブに手をかけて、廊下を見渡し、そこに誰もいないことを確認した。
扉を開くと窓も家具も装飾もない部屋に棒状のツイスト・ドーナツを食べながら羊男が立っていた。
「問題は常にある。謎は常にある。わかっているかい? だからここ場所ではない。あんたの目的の場所は移動したってことだよ。壊れないようにね」と羊男が言った。「32階へ行けばわかる」
32階? と僕は聞き返した。「このビルに32階はない。地下2階、地上5階」
1階のエレベーター・ホールからエレベーターに乗る、と羊男は言った。「そのエレベーターはいつもは停止している。あんたがエレベーターのドア横のボタンを押すとエレベーターが動き出す。ひとりだけで乗るように注意するんだ。他の誰も乗せてはいけない。乗ったら32階のボタンを押す。それだけのことだ」
僕は羊男のいる部屋の扉を閉めると振り返ることなく、1階のエレベーター・ホールを目指して歩き出した。