カテゴリー
モノ 雑文

墨痕。

墨痕。

手軽で手に持つことができる小さな観賞用の花火なら線香花火が美しいと僕は思う。
僕がマッチを使ってろうそくに火をつけ、娘と双子の息子たちが不安げに花火に火をつける。
闇の中に90本の鮮やかな光が線を描いた2017年の夏の庭。