カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

「喫茶やまさき」の古いマッチラベル

「喫茶やまさき」の古いマッチラベル

「素晴らしい」という表現が「どのように素晴らしい」のかを表していなくて申し訳ないのですが、この「喫茶やまさき」のマッチラベルは「素晴らしい」と表現するにぴったりなほど僕の感覚を刺激します。
描かれた裸体に魅了された、ということもないとはいえないかもしれないのですが、喫茶店の広告マッチという小さな世界に描かれた秀逸なひとつの作品世界だと僕は思っています。

どこかで見かけたことがあるような筆致のイラストですが、だれが手がけたものか僕にはわかりません。
タイポグラフィーも素敵ですね。

ローマ字で描かれた「やまさき」は”yamaSAki”と”さ”の部分が大文字で”SA”となっていることに気がつきます。
それは「やまざき」ではなくて「やまさき」だよということを強調しているのでしょうか?
どこにあった(ある)喫茶店なのでしょう?

たるみ燐寸博物館にある何冊かの分厚い「燐票蒐」の中に見つけました。