カテゴリー
モノ 雑文

AED(自動体外式除細動器)の価格はなぜ公開されていないのでしょうか?

AED(自動体外式除細動器)の価格はなぜ公開されていないのでしょうか?

家庭でのAED(自動体外式除細動器)導入が必要か不必要かという議論があることは知っていますが、ここではピョーンピョンと飛ばしてしまいます。
「心停止」と「心静止」の違いについても専門分野ではないのでピョンピョーンと飛ばしてしまいます。

僕の7歳の双子の息子たちの場合、運動や急に起こる激しい感情の動きが心臓の不規則な震えである心室頻拍を誘発し、心室細動へと移行します。簡単に書けば、限度を超える運動や心の大きな変化に心臓がびっくりするわけです。
心室細動を起こした場合は心臓の動きをリセットしなければなりません。一旦、心臓を停止させ、心臓が本来のリズムを取り戻すのを助けるわけです。
AEDの設置や配置についての具体的な目安や推奨度がわからないのですが、5分以内の除細動を条件とすると300メートル以内に1つの割合でAEDの設置されていなければなりません。

AEDの設置や配置状況について神戸市と他の市町村との比較を行ったことはありません。
自宅からもっとも近くにあるAEDの設置場所まで800メートル以上あります。
南アフリカ共和国の陸上競技選手であるウェイド・バンニーキルクが400メートルを43秒03で走ったそうですが、僕にはそんなことはできません。

そんなわけで、AEDの個人所有を1年以上検討しているのだけれど、おおよそ40万円くらいとわかっているだけで、それが適正な価格なのかどうか僕にはわかりません。
当然、助成金はありませんし、個人が容易に買うことができる金額ではないことはわかります。AEDを2台用意するなんてこともできません。

でも、どうして価格は公開されていないのでしょう。