カテゴリー
雑文

だらだらと坂道

だらだらと坂道

人によって度合いは異なるのだろうけれど、長い息抜きが必要になることもあるのです。
そしてそれをどこで終わりにするかは本当は誰にもわからないのです。