カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ

マッチ・コレクション/サントリー・トリスバー「門廊(もんろう)」 – 銀座西8丁目 文春ビル斜前角

マッチ・コレクション/サントリー・トリスバー「門廊(もんろう)」 - 銀座西8丁目 文春ビル斜前角 (1)

マッチ・コレクション/サントリー・トリスバー「門廊(もんろう)」 - 銀座西8丁目 文春ビル斜前角 (2)

「門廊」と書いて「もんろう」。「もんろう」はマリリン・モンローの「モンロー」でしょうか。マイケル・モンローではなさそうです。
マリリン・モンローが来日したのは1954年です。
もちろん、「もんろう」と「モンロー」は全くつながりがないのかもしれません。

サントリー・トリスバー「門廊」 の経木のマッチ箱です。
側面には「文春ビル斜前角」とあります。
文藝春秋が東京・銀座西8丁目にあったのは1955年ごろでしょうか。1966年には文藝春秋は東京・千代田区に文藝春秋ビルを竣工して銀座から移転して今日に至ります。

「劇場スタイル BAR」と印刷されているのですが、いかなる形態のバーだったんでしょうね?

わからないことばかりですが、マッチ箱に貼られたラベルのイラストやタイポグラフィーが素敵なので、たるみ燐寸博物館ではしばらく段ボールの額に入れて飾っておきます。
さて、どちらの面を見えるように飾りましょうか…。

カテゴリー
雑文

幻想の終止符

幻想の終止符

僕の妻は子供の頃、立ち上がることも困難なほどの高い熱を出して横になっていたときに枕元でこびとたちを見たことがあるという。
僕はこびとも天使も妖精も見たことがない。

もし、天使にも妖精にも羽があるなら、白く爆発を起こした夏の光の下で、木々の葉が疲れ果ててむかえた夏の星座の下で、その存在をを気づかれないよう、息づかいをおさえて、その羽を休める場所が必要だろう。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マリーカレンダー(Marie Callenders)とブックマッチ

マリーカレンダー(Marie Callenders)とブックマッチ (1)

マリーカレンダー(Marie Callenders)とブックマッチ (2)

マリーカレンダー(Marie Callenders)とブックマッチ (3)

マリーカレンダー(Marie Callenders)とブックマッチ (3)

かつて、舞子多聞線と第二神明道路が交差するあたりの南側に「マリーカレンダー(Marie Callenders)」というレストラン・チェーンの「舞子坂店」がありました。その店のブックマッチです。

まだ「国鉄舞子駅」の時代です。日本国有鉄道がJRとなるのが1987年。

ブックマッチにある地図から推測すると、国鉄舞子駅から北へ、右手に「ダイエー舞子店」、左手に「舞子小学校」、「大歳山跡公園」、やや離れて「西舞子小学校」、「舞子中学校」が目印だったのだと思います。
現在の「西岡橋」のバス停の斜め向かいにある六光石油・セルフ舞子ヒルズ給油所のあたりでしょうか。
僕はこの「マリーカレンダー(Marie Callenders)」に入ったことも店舗を見たこともありませんが、僕が卒業できなかった小学校 – そして僕が入学した中学校 – の同級生が「マリーカレンダー」がそこにあったことを覚えていました。彼の記憶力に感謝。

「マリーカレンダー(Marie Callenders)」とはアメリカンパイと料理などを食べることのできるアメリカのレストラン・チェーンのだったのでしょうか。

先日、「西岡橋」でバスを下車することがあったので、第二神明道路の南にある「多聞町大門」交差点と「西岡橋」のバス停を写真に収めてきました。
幼少の頃の僕は西舞子から「西岡橋」というバス停まで来ると世界の果てにいるような気分になったものです。