カテゴリー
雑文

ジョフリー・モットスミス/数学パズルのAからZ

ジョフリー・モットスミス/数学パズルのAからZ (1)

ジョフリー・モットスミス/数学パズルのAからZ (2)

ジョフリー・モットスミス/数学パズルのAからZ (3)

僕の父がこの世を去ってから6年。
父の七回忌法要は母が横浜にある先祖代々の墓を管理する寺で行った。
平日の金曜日だったため、僕も僕の弟も参列できるはずもなく、横浜に住む叔父が参列した。
参列しなかった僕たち家族を母が非難するのは入り口も手続きも行き先も出口も間違えている。

父の最後の何年間は父にとっても母にとっても僕にとっても敗北の時間だった。
だからといって、父が愛読していた書物や文具をすべて処分したわけではない。

父は西村京太郎の推理小説を好んで読んでいた。多くは父が自分で処分していたけれど、残った西村京太郎の作品は僕が処分した。
テレビドラマ「刑事コロンボ」シリーズをよく一緒に観た。吹き替えを小池朝雄が担当した時代が終わって、僕にはしっくりしない時代にも時々一緒に観た。

ジョフリー・モットスミス著・金沢養(かなざわやしなう)翻訳で白揚社から出版された「数学パズルのAからZ」は父が大切にしていた本で、181問の数学パズルが載っている。この本の半分は「こたえ」で占められていて、父は解けた問題の番号を丸印をつけている。
1959年の「第1版第3刷」。当時の定価は「380円」。

国立国会図書館蔵書関西館「総合閲覧室」の書庫に保管されているようだけれど「利用不可」となっている。
ディジタルデータ化され、国立国会図書館デジタルコレクションに収められているが、「電子化時の注記 欠ページ:23-24ページ」だそうだ。
手元にある父の「数学パズルのAからZ」も25-28ページは抜け落ちそうな状態だ。20から30ページあたりが欠落しやすいのかもしれない。

僕が子供の頃、父がこの本から問題を出したものだ。
父は数学が得意だった。僕の弟も得意だった。僕は数学が苦手だった。
でも父にはそんなことはどうでもよかった。問題を解く助けとなる「始まり」の見つけ方を鍛えろと言いたかったのだと思う。

この本は僕の子供たちに受け継がれていく。
僕には未だに入り口も手続きも行き先も出口も見つけることはできない。

* blog内、全て敬称略です。

「ジョフリー・モットスミス/数学パズルのAからZ」への2件の返信

亡くなられたお父様の色が見えるようです。
余談ですが、サスペンス好きの他界した母親の影響でコロンボが好きです。吹替が変わった時は「変な感じ」と子供ながらに思いました。最近の再放送を父が録画していて、実家に帰ると二人でみます。母も一緒に見ている気がします。

いいね

indigo さま、おはようございます。

父は大きな会社の鉄鋼部にいましたから、計算に関しては厳しかったですね。僕の弟が生まれる頃、その会社からアメリカへの長期出張を命じられた父は英語を独学で習得しました。
英語の辞典は祖父がたくさん持っていました。祖父も海外出張の多い商社(もう存在しませんし、当時は「商会」でしたね)に勤めていました。

indigoさまがかつてblogで「コロンボ」のことを書いていらっしゃったことを覚えてますよ。
その際にコメントをしようと思い、結局、できないまま終わったことを思い出す。

いいね: 1人

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください