カテゴリー
雑文

色合いの頃合い

色合いの頃合い

僕は流読とはほとんど無縁なのだけれど、おおよそにおいて、僕が日々をとらえる感覚は流読と大きな違いはないのかもしれない、と思うことがある。