カテゴリー
モノ 雑文

風を受けてなびく。

風を受けてなびく。

2017年の4月も今日で終わりですね。
娘からゴールデンウィークっていつから始まるの、と訊かれました。
残念ながら、僕にはそれに答えることができません。
カレンダーを見ても僕は楽しくありませんから。

このblogの希少な読み手の皆さんの5月の第1週がポカポカと気持ちのよいものでありますように。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

神戸さんちかタウン「三菱ホームコーナー」のマッチ箱

神戸さんちかタウン「三菱ホームコーナー」のマッチ箱 (1)

神戸さんちかタウン「三菱ホームコーナー」のマッチ箱 (2)

神戸さんちかタウン「三菱ホームコーナー」のマッチ箱 (3)

2015年2月19日に書いたblog「マッチ・コレクション/鷺苑 – ろえん(ROEN)」の中で、「santica(さんちか)の過去のフロアマップを探すことは難しいことなのでしょうか?」と書いたところ、古い「santica(さんちか)」のフロアマップのカラー・コピーを頂いた。年代の異なる2枚。
「さんちかインフォメーションこうべ」で長く仕事をし、1994年ごろに「神戸総合インフォメーションセンター」勤務となったある方から頂いたのですが、それはもう1年くらい前のことだと思います。
「さんちかインフォメーションこうべ」で人の流れを、そして時とともに移り変わる神戸・三宮という街をずっと見てきた人です。

そこには2015年7月20日のblogに書いた「レストラン銀水」も載っていました。

2枚のフロアマップを見比べて見ました。
1975年ごろに「メディアこうべ さんちかインフォメーションこうべ」となる場所はかつては「三菱ホームコーナー」だったことになります。
“PR TOWN”と呼ばれる場所にあるのですが、”PR TOWN”と言ってもこの「三菱ホームコーナー」と「大阪ガス サービスルーム」しかなくて、すぐ隣は”FOOD TOWN”、通路の向こうは”HIGH MODE TOWN”と”SWEETS TOWN”でした。

たるみ燐寸博物館にある「三菱ホームコーナー」のマッチ箱の背の部分には「三菱重工・三菱電機・三菱商事」とりますが、あまり大きなスペースを占有しているわけではないので、現在の家電売り場のような構えではなく、三菱グループの家庭向け商品の展示や催事を行っていたのだと思います。

カテゴリー
モノ 雑文

思いやりに欠けた勾配

思いやりに欠けた勾配

すんばらしい天気なので、しっかりとマスクをして、僕は歩きます。
途中で道を間違えたようです。この坂を上がってくる何人かの人とすれ違ったので、この坂が行き止まりになるはずがない、と自分に言い聞かせて下った坂はけっきょく駐車場にたどり着いただけです。

下るときに思ったのだけれど、転んだら下まで止まりそうにないって思うくらいのこの坂を上って戻ることに少しばかり気が名滅入った僕は階段をさらに下ることにします。
住宅地いえども、垂水の坂を軽く見てはいけません。

さらに坂は続いて、遠くに黒い柵が見えました。