三角食べ

三角食べ
今日の夕刻の東の空に浮かぶ月の写真と僕が今から書こうとすることとは関係がありません。共通点はなにもないし、この月に責めとがめられるところがあるわけでもない。

僕の母は「三角食べ」をマナーと思い込んでいるから、僕の娘と双子の息子たちの食べ方がそうでないからといって下品だと非難する。
僕の子供たちが通っている学校の給食は「米飯あるいはパン」と「おかず」と「牛乳」で、牛乳は紙パックだ。
僕の学校給食時代は「パン」に「おかず」に「牛乳」で、米飯はなかったような気がする。牛乳はビンだった。給食係の牛乳担当は牛乳ビンの重さに嫌気がさしていた。時々、テトラパック入りのコーヒー牛乳が出てくると、それはとてもうれしかった。

僕は小学生の頃、学校でパンに始まり、おかず、牛乳といった順に少しずつ採り、それを繰り返して食べるように指導された覚えはないし、僕の子供たちは米飯あるいはパン、おかず、牛乳という順番で少しずつ食べていくように教育されていない。
僕は母にそうするようにしつけられて育ったんだと思う。僕だってもう「三角食べ」はしない。
米飯とおかずをちょっとずつ食べながら、その間に牛乳を飲むなんてちょっと考えただけで(思い出すだけで)、僕は食欲がなくなるのだけれど。

「三角食べ」の議論をしたいのではなく、それをマナーだと思い込んで、「家柄のひくい者扱い」されると責める母を子供たちも僕も妻もうんざりしている。
どれほど格の高い家だと言うつもりなんだろう。ごく一般的な家庭だったというのにさ。やれやれ、やれやれ。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください