カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

ナミちゃんの人気

ナミちゃんの人気 (1)

ナミちゃんの人気 (2)
思い返してみれば僕がハイボールを好きになったのは大学3年生のときで、残念ながら僕が好きになった女のコの中にナミちゃんがいたという記憶はない。
かつて阪急西口寿東側に「ハイボール・スタンド 波」という店があったようです。「寿」とは「コトブキビル」のことでしょうか。
「たるみ燐寸博物館」には経木のマッチ箱のまま残っているんですが、この「波」のマッチ箱はデザイン違いでほかにいくつかあったように思います。ちょっと探し出せないのですが、ここに描かれている女性をナミちゃんとしておきます。
ナミちゃんは人気があったのでしょうね。フォード自動車とその純正パーツを取り扱う「トミヤ商会」にも登場します。ハイボール・スタンドではグラスを、「トミヤ商会」ではフォード(たぶん…)のクルマを手にしています。
衣装はちょっと違いますね。服をたくさん持っていたのかもしれません。
ヘアスタイルもちょっと違います。

どちらが先に作られたマッチなのかわからないので、ナミちゃんじゃなくてトミちゃんでもミヤちゃんでもトミヤちゃんでもかまわないんだけど、とりあえずナミちゃんとしておきます。
そしてここまま話を勝手に膨らませてこのナミちゃんの話は終わってしまうはずでしたが、もう1枚見つかりました。

ナミさんの人気 (3)
鳥取県の三朝温泉のお土産屋さんのマッチ箱に登場します。
今度のナミちゃんはお店の看板を手にしていますね。お気に入りのポーズなんでしょう。
今でも三朝温泉に因州和紙(いんしゅうわし)を中心とした和風小物が並ぶ「とく本」というお土産屋さんがあるようですが、そのお店の古いマッチのラベルかどうか確認はしていません。

ナミちゃんはトクモトさんなのかもしれない。
いずれにしても、赤い服が好きだったんですね。