カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/よい品が一目でわかる”このマーク” – 旧JISマーク(マッチラベル)

マッチ・コレクション/よい品が一目でわかる"このマーク" - 旧JISマーク(マッチラベル)

「よい品が一目でわかる”このマーク” これがジス(JIS)マークです」
「ジスマークは政府が定めた日本工業規格(JIS)に合格した品物のしるしです。したがってシスマークのついた品物は品質が保証されてゐますから安心して買うことが出来ます」

1946(昭和21)年に日本工業標準調査会が発足し、工業標準化の促進を目的とする工業標準化法が1949(昭和24)年に制定されました。
JIS(Japanese Industrial Standard)はこの工業標準化法に基づき制定される国家規格で、JISマークはそのそれを証明するマークとなります。

おそらく木をうすく紙のようにけずった経木のマッチ箱に貼ってあったマッチラベルだと思います。「JISマーク」を広く知らせるために配られたのでしょう。このマッチがJISに適合していることを示しているわけではないと思います。
JISマークは2004年6月9日の工業標準化法の改正で、2008年10月より新しいJISマーク表示制度が開始されたのに併せて、デザインが変わりました。

大きさがわかるように用いた手元にあるクロバー株式会社の「グラスメジャー」も旧JISマークですね。
新JISマークがついた製品を探しましたが、僕にはなかなか見つけることができません。