カテゴリー
雑文

夢の跡を残して

夢の跡を残して
夕刻、僕は鞄を肩からかけて急な坂を上りる。よく冷えた、主張の強い炭酸水を飲む。緩やかな斜面を下るような風の中に僕は落ちていく。
改ざんされた夏の日。