カテゴリー
雑文

文:富安陽子、絵:いとうひろし/もとこども

文:富安陽子、絵:いとうひろし/もとこども
子供たちへ「読み聞かせ」することを僕は嫌いじゃない。
今年2016年にポプラ社か刊行された「もとこども」。
文を担当した富安陽子が意図したこととは違う解釈を僕がしているのかもしれないのだけれど、七五調のリズムで進む文体を僕はラップ・ミュージックふうに読み上げる。
ページをめくって、みんなで「もとこども!」って叫ぶのさ。
いとうひろしのイラストもそんなリズムに追いついてくるのさ。

* blog内、全て敬称略です。