カテゴリー
雑文

昔見た夢、過ぎ去ったはかないことがら

昔見た夢、過ぎ去ったはかないことがら
かすかな光の中に無価値ではなく、非価値的なあるいは意識しなかった表現に新たな発見ではなく、新たな意味を紡ぎ出す作業は僕の個人的な推測と想像という創造物である。
僕が明日書くであろうblogは哀しく、悲劇的な物語となる。