マッチ・コレクション/フジマル工業株式会社「テフロンII」

マッチ・コレクション/フジマル工業株式会社「テフロンII」 (表)

マッチ・コレクション/フジマル工業株式会社「テフロンII」 (裏)

「あかるいくらしにフジマル製品」「料理が”こびりつかない”テフロンII加工製品」「テフロンII加工 フジマル ハードコート製品」「金属ヘラも使えます」

調理器具の世界では「フジマル」の名前は有名なようですね。
1965(昭和40)年、フジマル工業株式会社(旧:富士アルミニウム工業?)は日本で初めてテフロン加工のフライパンを発売したそうです。
その広告・販促用マッチだと思います。その「テフロン加工製品」のCMに起用されたのが初代林家三平です。

残念なことですが、フジマル工業株式会社は1998(平成10)年に倒産しました。
「フジマル」の技術とブランドは株式会社マイヤージャパンに引き継がれ、販売されています。

「日経ベンチャー」という雑誌の1998年11月号か12月号だと思います。
“倒産の研究 フジマル工業(調理用品メーカー)泥沼の価格競争に疲れ「廃業」 経営意欲を失った二代目の悲劇 “というタイトルの記事があるようですが、僕は読んだことがありません。
1990年代に様々なメディアが「アルツハイマーのアルミニウム原因説」を報じたことも会社の経営を圧迫したのかもしれません。

現在、アルミニウムと認知症(アルツハイマー病)との関連性はほぼ否定されています。
フッ素樹脂の代名詞となった「テフロン」を使った製品も進歩しました。
なんだってそうなんだろうと僕は思うのですが、使い方を誤らなければ安全に使うことのできるモノって世の中にはいっぱいありますよね。

* blog内、全て敬称略です。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中