カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

傾いた建物と喫茶ミニ(MINI)のマッチ箱

傾いた建物と喫茶ミニ(MINI)のマッチ箱 (1)

傾いた建物と喫茶ミニ(MINI)のマッチ箱 (2)

傾いた建物と喫茶ミニ(MINI)のマッチ箱 (3)

傾いた建物と喫茶ミニ(MINI)のマッチ箱 (4)
いろんなところに問い合わせたものの、詳しいことはわからないままなのだけれど、この建物は阪神淡路大震災で傾いたのではありません。
僕が大学生の頃の「Lマガジン」や「ぴあ」には時々載っていたので、阪神間では有名な建物で、その存在は知っていたのだけれど、六甲道には縁がなくて、今まで一度もこの建物を訪れたことがありませんでした。

喫茶ミニは1971(昭和46)年に開店し、その後、「ラグタイム」という名前になり、喫茶「レードル(LADLE)」となります。そして、2008年に閉店。
2011年に自転車用品店「サイクル神戸ycc」とカフェ「Sloope」が開店したはずなのだけれど、譲り受けたマッチの中に「喫茶ミニ(MINI)」のマッチ箱を見つけたので、気になって行ってみると、「BAR NEST」とガラスの扉にあるのを僕は見つけます。
再び持ち主が変わったのでしょうか?
僕にわかるのはここまで。

建物の城のような形をした部分に「CASTELLO DE ピッツア・タコス」という喫茶「ミニ」の名残が残っています。
そして、マッチに描かれている建物の屋根の部分は「MINI」の頭文字「M」になっていることがわかりますね。

「傾いた建物と喫茶ミニ(MINI)のマッチ箱」への2件の返信

入ったことはないけど、かつてこの喫茶店の前を歩いたことがあります。
震災よりずっと前のことです。懐かしいなぁ。
松陰出身の可愛い人に面白い喫茶店があるのといって教えてもらいました。彼女とは、芦屋から何回かにわけて三宮まで歩きました。
ドリカムに「大阪ラバー」という曲があるけど、あの頃のぼくは芦屋ラバーでした。
芦屋や夙川・苦楽園、そして三宮あたりはぼくの第二のふるさとです。

いいね: 1人

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください