カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル 雑文

マッチ・コレクション/喫茶レストラン「ブラジル」(垂水)

マッチ・コレクション/喫茶レストラン「ブラジル」(垂水) - 箱型マッチ

マッチ・コレクション/喫茶レストラン「ブラジル」(垂水) - 箱型マッチとブックマッチ

マッチ・コレクション/喫茶レストラン「ブラジル」(垂水) - 立て看板

マッチ・コレクション/喫茶レストラン「ブラジル」(垂水) - 店舗外観

山陽電鉄・JR「垂水」駅北側にある垂水商店街に「ブラジル(BRAZIL)」という喫茶レストランがあります。
「神戸懐かしの純喫茶(著:芝田真督、2012年、神戸新聞総合出版センター)」では2番めに紹介されています。

垂水では有名な喫茶店ですが、実は「ブラジル(BRAZIL)」という喫茶店の始まりは兵庫県姫路市です。

僕は2つ折りにできるブックマッチをかなり前から持っていて、挟み込んだ紙マッチも「横薬(マッチストライカー)」部分も取り去って保存していたのですが、先週、箱型のマッチを手に入れることができました。
ブックマッチにも箱型マッチにも「本社 姫路城北本町」「カフェメトロ 姫路フェスタ地下」「カフェパルコ 姫路駅前町」「カフェロード 姫路東辻井」「カフェレストラン 姫路商工会議所西」「センター カジュアルレストラン 神戸・垂水センター街」と印刷されています。

「本社」「カフェロード」については不明、「カフェメトロ」は姫路駅前の再開発で地下街が閉鎖され、2013年3月に「グランフェスタ」が完成した際に閉店、「カフェパルコ」は姫路市駅前町の「ブラジル パルコ店」 に、「カフェレストラン」は姫路市坂田町の「ブラジル 東店」となったなったようです。

「センター カジュアルレストラン」は1963(昭和38)年に創業し、現在、「喫茶レストラン ブラジル 神戸垂水店」となっています。
あまり知られていませんが、公式サイトもありますね。
ただし、僕が把握している店舗情報とは異なるところがいくつかありますが、それについては別の機会に書くことにします。

高校生のころの僕は回数は多くなかったけれど友達とこの店に行ったし、垂水で仕事をするようになってからの僕はしばしばここに昼食を食べに行きます。