カテゴリー
モノ 雑文

過敏な反応

過敏な反応

2015年になってから2か月ほど小麦とチョコレートを中心とする、とても偏った食事を続けていたのは忙しさと同時に食欲がなかったからだけれど、2011年12月4日のblog「抗ヒスタミン剤のない日々」で食物依存性運動誘発アナフィラキシーについて少しだけ書いたときのことを僕はすっかり忘れていた。

忘れていたのは「書いた」ことではなくて、「かかりつけのアレルギー専門の皮膚科のドクターが少し遠い病院に紹介状を書いてくれた」ことのほうで、紹介してくれた少し遠い病院の皮膚科にしばらく通院していたことを思い出した。
規模の大きい、混雑する病院だったので、何回か通院して、面倒になってそのままにしてきた。

今日、口の奥のかゆみとひどい口内炎 – どれくらいひどいかというと、水さえ含むことが苦痛なのです – でかかりつけの耳鼻咽喉科を受診して、抗アレルギー剤6日分とステロイド剤1日分を処方してもらったとき、食物依存性運動誘発アナフィラキシーのことを思い出した。