カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/ビストロはねだ(垂水区陸ノ町)

マッチ・コレクション/ビストロはねだ(垂水区陸ノ町) - ブックマッチ(開いたところ)

マッチ・コレクション/ビストロはねだ(垂水区陸ノ町) - ブックマッチ(開いたところ)

マッチ・コレクション/ビストロはねだ(垂水区陸ノ町) - 店舗跡

JRと山陽電鉄「垂水」駅から北へ、あまり遠くないところに、陸ノ町(くがのちょう)という町があります。

その町の真ん中あたりにかつて「ワインの店/ビストロはねだ」という”フランスの家庭的な手作り料理の店”がありました。
営業を始めたのは1970年代の終わり頃。

このブックマッチは一昨年、実店舗の近くに住む方から譲って頂きました。
ブックマッチを開くと地図があります。
まだダイエー垂水店が存在し、「みずほ銀行」はまだ「富士銀行」で、「三井住友銀行」は「太陽神戸三井銀行」の頃です。
「太陽神戸三井銀行」という名称が用いられたのは1990年のことで、1992年には「さくら銀行」と名称が変わるので、その2年の間に流通したお店のマッチでしょう。
僕は大学生の頃、ダイエー垂水店の家電コーナーで、マクセルのカセット・テープの販売をするアルバイトをしたことがあります。陳列台にカセット・テープを思いきり高く積み重ねても怒られなかった時代です。

赤ワイン色のブックマッチの裏側には”100種以上のワインを取り揃えています”とあります。
僕は何度か昼食を食べに行ったことがありますが、ほとんど料理の内容を覚えていなくて、小さなカウンター席とテーブル席がいくつかある大きめの店内だったと思います。

「ビストロはねだ」は2007月の秋頃に閉店しました。
閉店してからもう7年以上が経過しました。
青い看板も取り外され、張り出した窓がその名残を残しています。

“ビストロ!(早く!) ビストロ!(早く!)
フランスの家庭的な手作り料理の店。季節の旬を生かし、新鮮な素材を生かし、古き良き時代を守る、すべて手作りの為、料理に多少時間がかかるかもしれません。
ビストロ! ビストロ!”

カテゴリー
モノ 雑文

人混み

人混み

双子の子供たちにとって初めての大阪への小さな冒険が病院であることは残念だけれど、妻と僕は4歳の彼らを大阪市内の病院へ連れて行く。

帰るころには、午前中に神戸を出た時の明るさは全くなく、月の浮かぶ暗闇が別の意味を持ち始めます。

しばらく大阪市内の病院へ通院しなければならなくなった彼らです。

カテゴリー
モノ 雑文

2015年、イカナゴ漁解禁

2015年、イカナゴ漁解禁

今日2月26日、イカナゴのシンコ漁が解禁となりました。
その解禁日である今日、実店舗のご近所の方から早速イカナゴのくぎ煮の頂きました。

冷たい雨の降る垂水です。