エフェメラ(ephemera)

エフェメラ(ephemera)

「わずか1日だけ存在する」というギリシア語から16世紀後半に英語圏へと持ち込まれた「エフェメラ(ephemera)」という語は「ある日、咲いてその日に散る植物」または「短命の昆虫」を意味して、それゆえに、18世紀後半になって、つかの間の関心の人またはモノに適用されるようになったそうです(間違っていたらごめんなさい)。

それは線香花火のようにも、マッチの火のようにも思えます。

少しばかり、幾ばくか、数量では表せませんが、疲れました。

広告