塞ぐ。

日曜日始まりのカレンダーなら、8月は最後の日までそこにぎっしりと詰め込まれているはず。
月末に向かて、8月の出口が塞がり、カレンダーをめくらなければ、9月が見えない。
明日のことにも確実な約束ができない僕にとって、9月が見えないことには何も感じない。

昨日のような秋の気配を見つけることもできず、そのかわりに僕の周りでいろんなモノが塞がっていくのを感じることができる。
そこにはかけられる言葉では息を抜くことも、不快な気分を取り除くこともできない、仄暗い谷間のような世界が存在するんです。

「塞ぐ」は「鬱ぐ」とも書きます。
どちらにしろ、今の僕の気分。

広告