マッチ・コレクション/「ナショナル」と「パナソニック」と「テクニクス」の販促用マッチ

マッチ・コレクション/「ナショナル」と「パナソニック」と「テクニクス」の販促用マッチ(1)(1)「ナショナルパナソニックラジオ」 「ナショナル掃除機」「ナショナルテープレコーダ」「ナショナル電子レンジ」

マッチ・コレクション/「ナショナル」と「パナソニック」と「テクニクス」の販促用マッチ(2)(2) 「YOUNG NATIONAL」シリーズ/「Technics」「ナショナルパナソニックラジオ」「ナショナルパナカラー」

「ナショナル」「パナソニック」「テクニクス」の販促用マッチです。

(1)「ナショナルパナソニックラジオ」 「ナショナル掃除機」「ナショナルテープレコーダ」「ナショナル電子レンジ」
・左上:「奥様タイマーつき タイミィママ」はアラームラジオ付パタパタ時計で、おそらく「RC-102」という型番。AMラジオ、アラーム、コンセントタイマー付きの商品だと思います。
・左下:「ナショナル掃除機」のマッチ箱には「狭い所や階段のお掃除に<ハンディタイプ>」と書かれています。型番は不明です。
・右上:「ナショナルテープレコーダ”MAC GT”」はリモコンスイッチ付きのカールコードマイクがついています。手元でマイク感度調整が出来でき、それによりミキシング録音と再生が可能だったようです。FM、AM放送が受信でき、エア・チャック機能があったとされます。型番「RQ-540」。1975年に発売。
・右下:「ナショナル電子レンジ」は”エレックさん” という愛称で呼ばれていた電子レンジです。型番は不明ですが、パナソニックで以後販売されるようになった「エレック」シリーズの初期モデルだと思われます。

左上・左下のマッチ箱には裏に兵庫県相生市の電器店の名前と住所が、右上・右下のマッチ箱には大阪府大阪市の電器店の名前と住所がそれぞれ印刷されています。

(2) 「YOUNG NATIONAL」シリーズ/「Technics」「ナショナルパナソニックラジオ」「ナショナルパナカラー」 ・左から:ステレオ・コンポーネント、肩からかけることができるラジオ、持ち運び可能なブラウン管テレビの販促マッチです。「YOUNG NATIONAL」シリーズと僕が勝手に名付けましたが、比較的若い世代をターゲットとしたのでしょう。快活なイメージのデザインですね。

マッチ箱の裏には福岡県久留米市の電器店の電器店の名前と住所が印刷されています。

おそらく、このマッチの持ち主の家にはナショナルの家電製品があふれていたんじゃないかと勝手に想像してしまいます。

僕の実家には東芝の家電製品があふれていました。そして、同じように東芝製品の販促用マッチがありました。

このようなマッチを手にすると「懐かしい」だけでは終わることができない、これらのマッチのかつての持ち主の生活と当時の日本を思い浮かべてしまいます。そして「生き残れ、町の電器屋さん!」と応援したくなるのです。

広告