PRIDE OF MIND/SYSTEMS OF ROMANCE

PRIDE OF MIND/SYSTEMS OF ROMANCE

「SYSTEMS OF ROMANCE」といえば、プロデューサーに「CONNY PLANK(コニー・プランク)」 を迎えて、イギリスのバンド「ULTRAVOX」が1978年にリリースしたアルバムのほうが世界的にも知名度という点では上を行く。

「PRIDE OF MIND」は「Vocal:春名真樹、Guitar:福山敦司、Keyboard:伊藤まさのり」の3ピース・バンドだった。
デモ・テープ以外に存在する事実上の1stアルバム「SYSTEMS OF ROMANCE」を1995年にリリース。このCDは1stアルバムにして最後のアルバムとなる。

春名真樹は2001年に解散した「Malice Mizer」で2代目のヴォーカル「GACKT」に代り、Klaha(クラハ)という名前で、3代目ヴォーカルを務めた後、所在は知られていない。
福山敦司、伊藤まさのりもバンド活動はしておらず、所在は知られていない。

「ULTRAVOX」のアルバム「SYSTEMS OF ROMANCE」へのオマージュではない。
ニュー・ロマンティック、インダストリアル・ミュージック、ダンス・ニューウェーヴを巧みにとり入れ、今、聴くと、散ることを覚悟の上のアルバムのような気もする。

CDの帯には以下のように書かれている。

“愛は一瞬の煌めき。揺れ動く感情を鮮烈に描く
プライドオブマインド、ファーストアルバム
繊細且つ大胆なそのサウンドは変幻自在の音魔術”

“華はただ舞い落ちる刹那 滅びの美学へ”とアルバムの中で歌い、1990年にアルバムを1枚だけリリースし、消えていった。
痕跡さえ残さずに…。
そして存在しなかったかのように忘れ去られていく。

* blog内、全て敬称略です。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください