カテゴリー
モノ 雑文

垂水にある「恋人岬」からの2012年11月の夕景

垂水にある「恋人岬」からの2012年11月の夕景

昨日、仕事が終わって、霞ヶ丘方面から夕景を眺めようかと思っていたのだけれど、財布と定期券をショップに置き忘れたことを途中で気がついて取りに戻る。

その段階で、僕の計画は時間的に変更を余儀なくされていて、いくつかの幅のある選択肢から、垂水年金会館の南にある「垂水ビオトープ」を通り抜け、「恋人岬」から垂水スポーツガーデン付近で、太陽が沈んでいく夕景を眺めることにした。

そういうわけで、このblogの画像は昨日の明石海峡とそこに架かる大橋と淡路島を含み変化していく夕景の切り取り。

そのまま、JR垂水駅に引き返すつもりだったのだけれど、垂水下水処理場の南にある「平磯緑地・平磯芝生広場」を通って、JR塩屋駅まで歩くことにする。約10kgの重さのあるバッグを背負いながら、ね。

2012年11月25日(日曜日)で第2回を迎える神戸マラソンには参加できるほど、体力も持久力も持ち合わせていないけれど、いや、もともと、長距離を走る程の持久力は小学校の頃から持ち合わせていなかったけれど、長時間歩くことに関してはなんの抵抗もない。
風もなかったので、落ち葉が音楽を奏でることもなく、様々な音が聞こえる。

マラソンは得意じゃなけれど、瞬発力と短距離走には自信があるので(あったので、と過去形にしておこう…)、一般市民が参加できるそういった大会ってないのかな?

とにかく、歩いて、塩屋まで行くと、国道2号線の南側の舗道からJR塩屋駅前に架かる歩道橋からまだ夕陽に染まる空が見える。
歩道橋の下ではヘッドランプとテールランプを眩しく光らせたクルマが闇の中を走る。

秋の夕刻の空を変化させる時間は意外と長い。

「垂水にある「恋人岬」からの2012年11月の夕景」への3件の返信

こんばんは、また来ました^^;
写真、どれも素敵ですね!
今日のお話は、私にとってのキーワードが連発されていて、
思春期の、今は遠くなった人を想い出して、心がズキズキと疼きます^^;
忘れたいわけではないけれど、あえて想い出さなくてもいい、というか、
今となっては想い出しても、もうどうしようもない、というか。
それでなくても、秋になったらいつも想い出すんですけれどね。
私は山に囲まれて育ちましたので、こういう夕焼けの海に慣れていません。
だから、こんな素敵な写真を見ると、胸が熱くなってしまいます。
いいところにお住まいなんですね^^
新しい一週間も、秋の神戸を堪能してくださいね。(お裾分けもお忘れなく!)

いいね

ちょっと1週間の始まりから、段差のある入り口に足を引っかけたように、気分的にはあまり良いとは言えないです。

衰退する神戸を見ているのも辛いものです。
僕のblogは震災から復興したと決して言えない、外観だけを再構築し続ける神戸への抵抗でもあるんです。

いいね

足を引っかけてもコケなかったなら、そしてケガさえなければ、それもまたヨシ、としませんか?^^
代わりにこんな素敵な夕陽の写真が撮れたんだし^^
その段差の上に立ってちょっと、ほんの数センチだけ高い景色を見てみるとか。。。
あるいは、高さとか長さとか、注意深くじっくり向き合ってみるのもいいかも、ですね^^

衰退するのも辛いし、神戸の場合、一度、壊されていますから、なおさら納得がいかない悔しさがありますね。
昔から美しい自然とうまく一緒に生きてきた神戸が、自然に破壊されてしまったのだから、人々の自然に対する裏切られたような気持ちや失望や絶望も大きかったのではないかと思います。

再構築しないで、新たに何かを創り出す方向に進めば、また新しい神戸を発見できたかもしれないのに。
どんな理由であれ、あったものがなくなる、できていたことができなくなる、というのは
怒りを伴う淋しさが込み上げてくると思いますが、
ありし日を思い、今を嘆くのもよし、
ありし日を思い、もし今もあったらと空想に耽るもよし、と思うのは、
現地を離れた者の自分勝手な思いであって、現地でずっと過ごしてきた人にとっては、
耐え難い屈辱なのかもしれませんね。
それでも、昔を知っている、というのは、羨ましい財産だと思いますよ。
記憶の財産ほど羨ましいものはないですから。
これからは、昔を知っている人よりも知らない人が増えていき、
その知らない人によって再構築されていくのでしょうね。
知らないだけならまだしも、愛着のない人には、魂を受け渡したくはないですね^^

いいね

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください