カテゴリー
雑文

発声練習

発声練習
あ、え、い、う、え、お、あ、お
か、け、き、く、け、こ、か、こ
さ、せ、し、す、せ、そ、さ、そ
た、て、ち、つ、て、と、た、と
な、ね、に、ぬ、ね、の、な、の
は、へ、ひ、ふ、へ、ほ、は、ほ
ま、め、み、む、め、も、ま、も
や、え、い、ゆ、え、よ、や、よ
ら、れ、り、る、れ、ろ、ら、ろ
わ、え、い、う、え、を、わ、を

窓から外に向けて、遠くにまっすぐ届くように声を出す。
そこに意味を見いだしてはいけない。

近くにいる人にも遠くにいる人にも等しく聞こえるよう空気の振動などという物理学や音響学のことなど学問的な解釈はきちんと折りたたんで、単行本のページとページの間には挟んでおいて、どこまでもどこまでも、そしてただそれのみで、限りなく遠くまで、まっすぐに声を出す。

何度も何度も繰り返す。
それは浜辺の波のように。

それから、それから、それから…。

「聞こえない音は存在しないことと同じなんだ」とある人が僕に言った。「それに、正しく繰り返せば、必要なときにきれいな声が出る」

僕の声は「あちら側」にはもう届かない。
2012年の6月は今日で終わる。

カテゴリー
モノ 雑文 音楽

The burnt-out light bulbs – 相次ぐ電球の死 –

The burnt-out light bulbs - 相次ぐ電球の死 -

昨夜から今朝にかけて、自宅は平穏な夜を複写機でコピーしたような等しさの静けさが貼り付いていた。もちろん、そこには不均一な音があり、異なる風があり、異質な時間がある。木々の葉の傾きも雲の位置も月の形も星の輝きも、どれひとつとして過去のいかなる日とも同一ではない。

でも、大まかなところ、僕たちはそんなことにほとんど気づくことなく、暮らしていくのだ。

そして、なんの前触れも警告もなく、急に自分の影を失った人たちと同じように、その変化に気がつく。

昨夜、洗面台の横にある洗濯機のほぼ真上に設置されているボール型の電球が切れた。

僕にしか気がつかないわずかな光の変化を気まぐれに起こし、そしてスウィッチを切った後、再び、電球が与えられた任務を遂行することはなかった。

「Angels and Airwaves」の「We don’t need to whisper」をヘッドフォンで聴きながらたまった新聞を読み、深夜、シャワーを浴びようとして、浴室のライトをつけた際、2つあるうちの電球の1つが切れていた。

“The burnt-out light bulbs”

そんな歌なんてないよね。

前回、これらの電球が切れた際に買った(もうかなり昔のことだ。思い出すことさえできない)2個で1箱になったパッケージ販売の商品にそれぞれ1つずつ残りがあったので、煩わしさは感じなかったのだけれども、いったい僕たちは不測の事態に備えて、どれだけ予備のために気苦労をしなくてはならないのだろう。

なくてもさほど気にならないモノもある。ないと困るモノもある。

バックアップはいくつ用意すれば充分なのか?

どのようにそのバランスをとっていけばいいのか?

サーカスの綱渡り師が使う長い棒が必要なんだろうか?

そして僕のバランスをつかさどっていた長い棒はいったいどこに置き忘れたんだろう。

探しても見つからないんだ。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル

マッチ・コレクション/「四季の花」シリーズ

マッチ・コレクション/「四季の花」シリーズ

戦後の日本のマッチ箱・マッチラベルを収集していると、僕がどうのように否定しようとも、燐寸工業の衰退を感じないわけにはいかない。
「四季の花」シリーズのマッチ箱は7個(そのうち1個は重複しています)。
マッチ箱の側面にあるヤスリ状の摩擦面を切り取る前に、記念写真を、ということにする。

ヤスリ状の摩擦面を取り除き、展開している黄色の側面の「四季の花」(これが画像左端のマッチ箱と重複している)は左側に「宇治平等院のすいれん」と印字されている。
その右のマッチ箱は左側に「嵯峨大覚寺の嵯峨菊」と印字されている。
この「コメント付き(?)」の2つのマッチ箱はタテ:5.6cm * ヨコ:4.7cm * 厚さ:9mm(実測)、他の4つはコメント(?)はないものの、「四季の花」という文字の下に「(有)世界燐寸工業」と印字され、タテ:5.6cm * ヨコ:3.6cm * 厚さ:9mm(実測)となって、横幅に違いがある。

展開した「宇治平等院のすいれん」のマッチ箱は1976年に入手、それ以外は2011年以降に入手した。

サイズ違いの2つの「四季の花」シリーズ、どちらが先に製造されたものか確認は取れていない。

このような広告用のマッチではなく、シリーズ物のマッチは主に駅の売店で売られることが多かったようで、「タバコマッチ」と呼ばれていたようだ。