カテゴリー
文具

多機能ペン・コレクション/STAEDTLER(ステッドラー)の多機能ペン「927P」

多機能ペン・コレクション/STAEDTLER(ステッドラー)の多機能ペン「927P」

STAEDTLER(ステッドラー)はドイツのメジャー・ブランド。

かつて、そのステッドラーからアルミ・ボディの「927P」という「ボールペン(黒インク)+0.5mmシャープペンシル+スタイラス(入力ペン)」と3種のペン先を備えた「多機能ペン」が販売されていました。
2003年頃に販売されていたと記憶していますが、間違っていたらごめんなさい。

本体色に「ブラック」、「シャンパン」、「シルバー」の3種類が用意されていました。

僕は「ブラック」を通常使用していて、「シャンパン」、「シルバー」はコレクションとして保管している状態です。

現在、ステッドラーでの取り扱いはなく、その機能を受け継いだ多機能筆記具「アバンギャルド(927AG)」、「アバンギャルド・ライト(927AGL)」が販売されています。

この「多機能ペン 927P」は「重さ:約14g、長さ:未使用時、約13.3cm、使用時:12.7cm」という仕様だったので、「アバンギャルド・ライト(927AGL)」により近い商品だったことになります。

替芯規格が汎用サイズですので、スタイラス(入力ペン)が不必要となった今、「レッド」、「ブルー」、「蛍光オレンジ」の多機能ペン替芯を購入すれば、充分に使えます。

「アバンギャルド」シリーズになって、より洗練されたデザインとなっています。

ということで、僕の多機能ペン・コレクションからSTAEDTLER(ステッドラー)の「927P」の紹介でした。

広告