カテゴリー
モノ 雑文 映画/展示/講演会

ピンボール・マシンの歴史を収めた海外ヴォデオ

ピンボール・マシンの歴史を収めた海外ヴォデオ/Pleasure Machines - THE HISTORY of PINBALL

ピンボール・マシンの歴史を収めた海外ヴォデオ「Pleasure Machines – THE HISTORY of  PINBALL」は米国のテレビ製作会社「 New Video Images」によって1997年に製作され、アメリカのテレビチャンネルAMCで放映されたようだ。

“誰もがピンボール・ゲームをプレイしたことがあるが、その歴史は誰も知らない
今まで見たことがない貴重なゲームのフィルム、有名人、ロック・スターのインタビュー、伝説となったピンボール・マシン、ピンボール、ピンボール・マシンの過去と現在が1時間の番組に収められている”

“製作に2年以上を費やした誰もが待ち望んでいた物語”

とヴィデオのパッケージに英語で書かれている。
まあ、日本人にとってはかなりのピンボール・マシン好きの人にしか迎え入れられない、1700年代から1900年代までのピンボールの歴史を簡単にまとめた、それほど価値があるとは思えないテレビ番組のヴィデオ化商品。

「Guns N’ Roses(ガンズ・アンド・ローゼズ)」の元メンバーであるギタリストの「SLASH(スラッシュ)」、メジャー・リーグ「Chicago White Sox(シカゴ・ホワイト・ソックス)」の1990年代を代表する打者「FRANK THOMAS(フランク・トーマス)」、ピンボール・マシンの歴史家である「RICHARD BUESCHEL」、「Aerosmith(エアロスミス)」のギタリスト「JOE PERRY(ジョー・ペリー)」のインタビューが収められている。
また、ピンボール・マシンの製造会社「バリー社」、「ゴットリーブ社」、「ウィリアムス社」の社員の話も収録されている。

全て番組製作の1997年当時の在籍・ポジションであるため、「SLASH(スラッシュ)」は現在、「Velvet Revolver(ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)」でギタリストとして活動し、「FRANK THOMAS(フランク・トーマス)」は2006年に「オークランド・アスレティックス」へ移籍、翌2007年には「トロント・ブルージェイズ」、2008年のシーズンの最中に「オークランド・アスレティックス」へ復帰、2010年に引退している。

ピンボール・マシンについては今までにいくつかblogに書いてきたので、詳しくは書かないけれど(今までもそれほど詳しく書いていないけれど、ね)、フリッパーというボールをはじき返す「道具」が登場するのはピンボール・マシン史の中では1947年の「Humpty Dumpty」、その映像やピンボール・マシン製作工場で働く社員の姿を見ることができるのは別の意味で貴重なのかも知れない。

「SLASH(スラッシュ)」や「FRANK THOMAS(フランク・トーマス)」や「JOE PERRY(ジョー・ペリー)」のファンなら見る価値はあるかも知れないけれど、VHSヴィデオ・デッキを今なお持ち続けている人が今の日本にどれくらいいるのだろうと心配してしまうだけだ。

「Special When Lit – A Pinball Documentary」「Pinball Passion」という「NTSC/All Regions」のDVDが海外に存在するので、購入するかどうか僕としては迷うところです。

もう、ピンボール・マシンに昔ほど愛情を持たなくなっている自分に気がついたことがとても寂しい。

広告