カテゴリー
モノ 雑文

2012年3月の最終週の始まり

2012年3月の最終週の始まり

日曜日始まりのカレンダーを眺めていると、2012年の3月には土曜日が5回あるためか、今週はカレンダーに数字がぎっしりとつまっているような気がする。
2012年全体を見わたすと、日曜日始まりのカレンダーでは31日が土曜日に当たるのはこの3月だけである。

今日の時折吹く風は強く、空高く舞う鳥たちにとっては最適な風となったようだ。

“しばらく考えことをしながら僕は黙っていた。僕は窓の外を過ぎてい大気圏の風景を眺めていた。想像上の出来事を柔軟性の不足する現実世界の受け皿に移植するというのは、いつもながら簡単ではないな、と僕はふと思った。枠が固すぎて融通がきかないのだ。でも僕は肩をすくめた。(ティム・オブライエン「ニュー・クリア・エイジ」、翻訳:村上春樹、1994年、文藝春秋)”

僕は肩をすくめた。二つの意味で。
一つは少し風が冷たかったため、もう一つは自分自身の「宛先」のせいだ。
特にたどり着かなければならないような枠組みもないまま、近くにある公園を歩いて、ふと思う。
「やれやれ」と。

春に花を咲かせる樹木を1本、見つけた。

* blog内、全て敬称略です。