ピンボール・マシンをデザインした貯金箱

ピンボール・マシンをデザインした貯金箱
随分と昔に購入したピンボール・マシンをデザインした貯金箱です。
本体裏に単三乾電池を3本入れることによって、コインを投入すると、サウンドと光の明滅を楽しめる貯金箱です。
「Coca・Cola(R) brand」を冠しているのでコインを投入すると “I’d Like To Buy The World A Coke” の音楽を派手に鳴らします。

この貯金箱、単に貯金箱としての機能を有しているだけではなく、大々的なサウンドと共に4フリッパーのピンボール・マシンとしてもプレイできます。

プランジャーを引き、ボールをフィールドにはじき出すことができます。バンパーらしきモノ(本物のピンボール・マシンのようなボールを弾き返す機能はありません)もあります。きちんとプレイできるといっても、プレイ・フィールドがあまりにも小さいので、ボールの常識的な速度ではなく、スリングショットもできないので、プレイを楽しむには向いていません。
やはり、貯金箱という枠組みを越えることはできていません。

購入当時は数多く販売されていたのですが、今ではほとんど入手できないアイテムで、ピンボール愛好家の僕のコレクションです。

撮影のために箱から取り出したら、すっかり忘れていた100円硬貨が2枚入っていました。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください