Ehmann(エーマン):e+m Holzprodukteのボール・ポイント・ペン/Wood Pen Shaper

Ehmann(エーマン):e+m Holzprodukteのボール・ポイント・ペン/Wood Pen Shaper(全体)
今朝、「ハッピ・バースデイ・トゥ・ユー、ハッピ・バースデイ・トゥ・ユー」という声で目覚めた。「誕生日?僕の誕生日はもっと先だよ」と思いながら、顔を上げて、声のする方を見る。いつも僕より早起きの3歳9か月の娘と1歳7か月双子の息子たちが本を眺めたり、積み木で遊んだりしているだけだ。
よく観察すると、戸籍上「二男」となる双子の一人が「ハッピ・バースデイ・トゥ・ユー、ハッピ・バースデイ・トゥ・ユー」と歌っている。
どこで覚えたのかな?

という今朝の出来事は今日のblogの画像と中核に全く関係ありません。

この画像は最近買った「Ehmann(エーマン):e+m Holzprodukte」のWood Pen Shaper(型番:2429-55 zebrano)というボール・ポイント・ペン。「Holzprodukte」は「木工製品」という意味のドイツ語。
他に「FSC 2429-0 beech natural」、「FSC 2429-34 white」、「FSC 2429-20 black」、「FSC 2429-47 ashwood」というのがあるようです。

「Ehmann(エーマン)」は南ドイツ・ニュルンベルクの老舗木工製品メーカー。
創立者「Ehmann」の遺志を継ぐために、社名にも名前を取り入れており、「e」 は創業者:Konrad Ehmann、「m」 は現在社長:Wolfram Mummler を意味するらしい。

Ehmann(エーマン):e+m Holzprodukteのボール・ポイント・ペン/Wood Pen Shaper(ペン先)
この「Wood Pen Shaper」シリーズは鉛筆の原型から生まれた取替え式ペンという発想の元に考えられたそうで、材料は洋梨やチェリー・ウォールナッツなどの堅い木を20種類以上使用。製品となるまでに充分な乾燥期間を必要とするようです。
全長:18cm(ペン軸とペン先を含む)で、木製のペン軸自体ははなだらかな曲線を描いており、使ってみると、思った以上に持ちやすく、字が書きやすいことに気がつかされます。

インクはブルーで木製のペン軸の前から引き抜いて、交換するようになっている。この取替え式ボール・ポイント・ペンのスタイルはありがたいのだけれどリフィル(替え芯)の長さは約6cmと短いので、頻繁に使うとインクはすぐなくなってしまうだろうな。
正確には調べていないのでなんとも書けないところなのだけれど、純正のリフィル(替え芯)しか適応しないように思います。

ところで、「e+m」は「イープラスエム」と発音してかまわないのかな?ドイツ語で発音すると若干異なるのだけれど…。

さて、2011年10月9日のblogに書いた”移動「古」文具店in日音色(紙もの)”がいよいよ明日10月29日(土曜日)と30日(日曜日)の2日間行われます。
「古くて懐かしい紙もの探しに」行ってみてくださいね。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください